ペット保険に加入する極意|愛する家族を守るには

お別れの時に備える

ペットが亡くなった時には、ペット葬儀の専門業者に連絡しましょう。火葬だけでなく葬儀も行ってくれます。茨城県内の業者の中には、大型のペットの火葬や死骸を保管するサービスもあるので、まずは相談しましょう。24時間対応してくれる業者であれば、深夜に亡くなった時にもすぐに対応してもらえます。

ペットの医療費用を補償

動物

負担するのは飼い主

ペット保険とは、動物病院で受ける診察、入院、手術などの医療費用を補償する保険です。各保険会社が扱う多くのペット保険には、診察費、入院費、手術費が含まれており、幅広くサポートを受ける事が出来ます。現在、ペット達は人間による恵まれた環境下に暮らす事ができ、結果的に寿命が増してペットの高齢化が進んでいます。高齢化が進むと、医療が進歩した現在でも心臓病やガンなどの重度の病気にかかる割合が高くなってきます。人間の場合は、怪我や病気でも健康保険で治療費を安く済ませる事が出来ますが、ペットが病気になれば自由診療による治療となる為、その費用は飼い主が負担する事となります。ペット保険はペットの万が一の時に備えた保険です。しかし、ペット保険の保険料には違いがあるので、ペット保険を検討するのであれば注意して保険内容を確認する必要があります。ペット保険の保険料は各社様々で、保険の適用範囲にも違いがありますが、多くの保険会社の価格設定の基本になっているのは体重と年齢です。体格の大きいペット、体重の重いペット、高齢のペットほどペット保険は高くなります。また、体重と年齢に関係なくペットの種類で価格設定されたペット保険もあるので、保険選びの際には保険の適用範囲と保険料等を比較検討する事が大切です。ペット保険の加入は、人間の保険と同様に高齢になるほど難しくなります。一定の年齢を超えると保険料が高くなるだけでなく、場合によっては保険に入る事も出来なくなることがあるので、飼い主として保険の加入時期を検討しておくことも大切です。

ペットの写真

心のこもったお別れ

ペットを家族と同等に扱う家庭が増える中、亡骸を廃棄物としてではなく、大切に扱いたいという気持ちを反映したペット葬儀が好評です。お迎えから火葬によるお別れまで充実の内容が特徴にあり、選べる納骨方法やメモリアルグッズも支持につながっています。

動物病院

愛犬の健康のために

愛犬の健康を守るために、フィラリアは予防薬で防ぎましょう。一般的な錠剤タイプの他にも、おやつとしても嬉しいチュアブルタイプ、首の後ろに液体を垂らすスポットオンタイプがあるので、愛犬に与えやすい方法を選びましょう。